施術の流れ

院長の理念

施術家14年、総施術数45000人以上の経験から本当に手術や入院しなれば治らない怪我や病気は
治すことは出来ませんが、それ以外の腰痛、ヘルニアは任せてください。 無理に動かすことや不安になる事はやりませんので安心してください。 あなたに苦痛のない笑顔の絶えない生活を提供することだけは絶対に達成したいと考えています。

問診の流れ

❶ 受付・問診

痛みなどの気にること事、悩んでいる事、この事は伝えたい事をお書き下さい。
記入してある事をもとに、詳しく話しを聞いていきます。

❷ 検査

抱えている問題がどこが悪くなって症状がおこっているかを検査していきます。
検査を行う事で症状の原因となる部位を探して改善していきます。

❸ 施術

循環をあげる矯正をしていきます。その後に骨格の歪みを治していきます。
アオラニ関節調節院独自の骨盤・背骨・肩甲骨・肋骨など細かくバランスを調節していきます。
触れられているだけの様な非常にソフトは施術ですからお子様から年配の方まで安心して受けられます。

❹ 検査

施術前の症状、ゆがみがどう変化しているのかを、始めと同じ検査をして確認します。

❺ 今後の施術方針説明

現状の説明、施術方針についての説明・アドバイスをしていきます。

❹ 検査

施術前の症状、ゆがみがどう変化しているのかを、始めと同じ検査をして

確認します。

❺ 今後の施術方針説明

現状の説明、施術方針についての説明・アドバイスをしていきます。

❻ お会計

受付にてお会計をお願いします。

他の整体院との違い

  • 県外からも数時間かけて来院される症状改善を目的とし”内臓循環整体・骨格調整”です
  • 腰痛・五十肩・股関節・膝痛など改善率 95.3% !!
  • 全国でもトップクラスの整体を提供しています。しかし、1〜2回で治るような魔法の整体ではありません。
  • 諦めず一緒に頑張れる方”  に提供したい整体です。“真剣に治したいと願う方”  に受けてほしい整体です。

通院回数

当院の施術の目安は症状を改善していくのに約6回を考えています。
(あまり重度の症状は異なります。)
7回目以降は再発しないからだを作る為の整体をして行きます、その辺りから
2週間から3週間に1度のペースで健康管理をさせて頂く考えです。

1回  から  4回  で自然治癒力をあげながら、症状の改善をめざしていきます。
                    5回   6回  で歪みを治していきながら、戻りににくい体にして行く施術です。

ベッドに移動してもらい、症状と関連する関節の検査をしていきます。
検査後、施術をしていきます。全身の循環を整える矯正(循環回復矯正)をしていきます。
循環をあげた後に、骨盤から調節して、背骨、肋骨、肩甲骨、股関節、膝、足首、肩関節、肘、手首、首と一つ一つ骨をもとの位置に戻していきます。
もう一度最初の検査をしていきます。症状、歪みの検査をして改善度合いを確認します。
最後に模型、解剖図などを使いながら納得のいく説明と、これからの施術方針の説明、アドバイスをしていきます。

中野式

身体がよくなっていくパターン

身体がよくなっていくパターン

3つの大きな特徴

特徴

このような3大特徴からなる整体をしています。
普通の整体は壊れた場所の施術をする施術で、その場を治す対処療法ではなく根本から体を変えて行く整体院です。軽く包み込むような触り方で全身を診て行く整体です。背骨の歪みを矯正してその骨から出ている神経の関連する内蔵の疲労との関係を説明して、生活スタイルや食事のアドバイスもして行きます。
症状が消えてからは、再発しない、健康な体づくりを提案しながら健康管理をして行く整体院です。

施術の流れ

8つのステップからなる特徴

① 動脈系のアプローチ

体全体の反射の問題を解決していく施術です。
この手技で体全体にはり巡らされている筋膜にアプローチをかけて、心臓からの動脈をしっかり流し循環を上げて行き生理学的な問題を解決していく手技。

② 静脈系のアプローチ

皮膚と筋肉の間に優しく圧力をかけて、その間にある体液を流す第1段階目の浅い筋ポンプで全身の汚れを、静脈・リンパを使い内蔵を通り、心臓までの大掃除をする手技をした後に第2段階の深い場所の筋ポンプで筋肉じたいに溜まった汚れを流す解剖学的な問題を解決していく手技。

③ 骨盤へのアプローチ

骨盤は内蔵を守る器のようなもの、骨盤にある仙腸関節(仙骨5個と腸骨2個からなる)に弱く負担の無い強さで細かく動かしながら元の位置(解剖学的位置)に戻して自律神経(副交感神経)や土台(家でいう基礎)をしっかりと安定させる手技。

④ 背骨(脊柱)へのアプローチ

背骨は首から頸椎7個、胸の胸椎12個、腰の腰椎5個を一つ一つ確認しながら元の位置(解剖学的位置)にもどして脊髄(中枢神経)と脊髄神経(抹消神経)にアプローチをかけて自律神経(交感神経)や柱(家でいう大黒柱)を骨盤(仙骨)の上に並べていき、よりバランスのとれた軸を安定させる手技。

⑤ 肋骨へのアプローチ

肋骨は傘の骨(親骨)のような役割をして背骨(傘でいう中骨)を中心に中にある臓器左右の肺、心臓、太い動脈・静脈を外的要素から守る役割をしているのでかなり重要な存在でこの骨が傾き(窓にあるブラインドが閉じる感じ)になると呼吸がしにくくなる(動機、息切れ)、心臓が動きにくくなり無理に動く(高血圧)などの原因を起こしやすく体の隅々まで酸素が行きにくくなる(体は60兆個の細胞から出来ている)ことで様々な症状がでるので姿勢だけでなくかなり重要な存在を無理矢理動かさずに元の位置に解剖学的位置)に戻す手技。

上記のステップからアプローチをかけていく整体法です。

色々な整体法があると思いますが、世間によくある施術法と当院のやっている整体法は全く異なりま。 例えば、今あなたが痛いなどの症状は本当にその症状が出ている場所が原因ですか!?
当院に来院される患者さんの多くは、今通って頂いている患者さんからの紹介がほとんどです。その方々は色々な整形外科さん、接骨院、治療院、整体などを行き尽くして来院された方がほとんどです、そ のどこに行っても改善がみられずに遠方から高速を使って通われる方や電車で1時間以上の所から通われる患者さんもいます。
その方々が口をそろえて言われるのが、『今までこんな矯正された事がないし、何をされているのか分からないです』 こんな会話が初めての患者さんからは聞きます、8年間通って頂いていいる患者さんで も、『未だに何をしてるか不明、でも楽になるんだよね~』こんな事を言われます。

そのよその整体と全く異なる手技は、矯正が大きく分けると2種類からなっている事です。先にも書きましたが、8つのステップの①、②の施術がある事が違いです。
どこでも筋肉とか関節、神経の問題の矯正がほとんどですが、当院は他院とは全く違う生理学的矯正(脳の循環を上げる)ことがあり、この循環回復矯正が全てと言っても過言では無いと考えています。
その生理学的な問題を循環回復矯正で改善し患者さん自体の免役をあげ、体力の回復を先にしてから、解剖学的な問題(筋、関節、神経)を解剖学的に骨を一つ一つ触りながら正しい元の位置に戻し、改善して 行く矯正です。