坐骨神経痛の薬、リリカって何?

坐骨神経痛になってしまうと、お尻に痛みが出てしまったり太ももなどの痺れなどに悩まされてしまいます。
このような辛い症状に見舞われてしまった際には、専門のクリニックで治療を行うことが欠かせません。

専門のクリニックで坐骨神経痛だと診断された場合、リリカという薬を処方されることがほとんどです。
しかし、リリカを服用したことがない方であれば、飲んで副作用はないのか心配になってしまう方も少なくありません。
坐骨神経痛の薬と多くの医師が処方するリリカは、神経痛を和らげる効果があります。
また、坐骨神経痛だけでなく頚椎ヘルニアなどの痺れで悩まされている人にも効果的な薬です。

しかし、リリカは、副作用が強いことでも知られています。
薬の注意点などでも事前に確認することが大切ですが、眠気やめまいなどの症状に悩まされてしまう方もいます。
このような副作用に悩まされないためには、段階をふんで少しずつ服用したり薬の量を増やしていくことが大切です。
服用し始めた初期段階で眠気やめまいなどの症状に悩まされてしまう人もいますが、このようなトラブルに見舞われてしまった場合は医師に相談することをおすすめします。
坐骨神経痛の改善効果を期待できるリリカですが、症状を抑えることができても原因をきちんと治すことはできません。
坐骨神経痛などの辛い症状に悩まされてしまった場合、痛み止めを飲んで辛い症状を改善しようと思っている方も少なくありませんが、痛み止めを飲みすぎてしまうと胃腸に負担をかけてしまい新たな体の不調を引き起こしてしまうこともあります。
痛み止めを飲むことで一時的に辛い症状を緩和することができますが、胃腸に負担をかけてしまい体調不良を起こしてしまうなどの副作用トラブルもあるので注意しなければいけません。
胃腸に負担をかけてしまうと血流が悪くなってしまい、治りが遅くなってしまうこともあると言われています。

痛み止めの中でもリリカは、離脱症状があることでも知られています。
飲むことをやめてしまうことで体をコントロールできなくなってしまい副作用に悩まされてしまう方も少なくありません。
倦怠感を感じてしまうだけでなくめまいや血圧の変化などの副作用トラブルもあります。

痛み止めは、一時的な解決にしかなりません。
根本的に辛い症状を改善したいのであれば、原因となってしまっているものを取り除くことが大切です。
痛み止めを飲んで辛い副作用トラブルに悩まされてしまうと自己判断で飲むことをやめてしまう方もいますが、まずはかかりつけの医師や薬剤師に相談することをおすすめします。
足の付け根の痛みや太ももから足裏にかけて痺れを感じている方、さらにお尻に痛みが出ている方は、信頼できるクリニックを探して医師に診てもらいましょう。
このような症状は、坐骨神経が筋肉で圧迫されてしまったり骨盤にゆがみやズレが起きてしまうことが原因になっていることもあります。
様々な方法で改善することができますが、安静にしていても改善することはありません。

そのため、積極的に治療を行うことをおすすめします。
一般的に行われる治療は、原因となってしまっている腰痛やヘルニアを改善するために電気による治療やマッサージ、牽引などを行っていきます。
また、痛みが強い場合には、ブロック注射を行うこともあります。
しかし、ブロック注射を行っても時間が経つとまた痛みを強く感じてしまったり痺れてしまうことも少なくありません。
歪みやズレを改善することが痛み解消の近道となりますので、物理療法やコルセットのほかに運動療法などを試してみるといいでしょう。
さらに症状が悪化してしまっている場合、手術を行わなければいけないこともあります。