肘部管症候群

医師の推薦文

  

メディア掲載

こんな症状にお悩みではございませんか?

  • 肘のだるさ
  • 指先に力が入らない
  • 薬指、小指がしびれる
  • 肘を曲げているとしびれが強くなる
  • 指を広げにくかったり、閉じにくい
  • 手の甲の指の間の筋肉がやせこけてみえる

なぜあなたの肘部管症候群はなかなか改善しなとおもいますか?

肘ばかりにアプローチしていませんか?

肘部管とは、肘関節にある神経の通り道のことを言います。
この部分に障害が生じるのが肘部管症候群です。この肘部管が圧迫を受けたり牽引されることにより尺骨神経が刺激され薬指や小指、肘から手首にかけての内側にしびれや痛みを感じます。
肘部管症候群は、長年肘を酷使してきた人に起こりやすいと言われています。
肘を酷使し続けると、やがて肘の骨にトゲやでっぱりができたり、肘周辺の筋肉が硬くなることで症状が出てきます。
肘の緊張をほぐして良くなる人もいると思いますが、なかなか改善しないという事は、 肘以外にも問題があるという事です。

そもそも肘部管症候群の原因は

肘に負担のかかる体の使い方になっているからです

肘を酷使してきた結果、肘の骨の変形や筋肉が硬くなることによって肘を通る尺骨神経を圧迫したり牽引したりすることで症状が出てきます。
肘の処置をすることで痛みや痺れがひいてしまえば良いのですが、なかなか改善しない方というのは肘以外の所が原因なのかもしれません。
肘の関節は、腕にあるので手首の動きや肩関節の動きの影響を受けます。また、もっと広い範囲でみれば背骨の影響も受けます。
肘を処置しても改善しない方は、肘以外の所の動きが悪くなり肘に負担がかかった状態が続いているという事です。
姿勢の悪さや肘以外の関節の動きが悪い事で肘に負担がかかっているからです。

では、なぜ当院の施術で肘部管症候群が改善するのか?

肘以外の関節の動きも良くするからです

肘の処置をしても良くならないという事は、先ほども言ったように肘以外のところの緊張が肘に負担をかけています。

この緊張をとるために自律神経の調整をします。痛みがあると無意識に緊張して力が入ります。自律神経を整えることで、余分な力が抜けて血液の流れが良くなります。
血液の流れが良くなると回復が早くなります。

今までの悪い姿勢からの動きが肘に対して負担をかけています。姿勢を改善するために動きの悪くなった背骨や骨盤の動きをつけていきます。
また、手首や肩の動きもつけることで肘の負担を減らしていき改善を目指します。

料金・割引

安心の全額返金保証

アオラニtel095-624-8073

LINE予約こちら

心の底から「でらありがとう」 と言ってもらえる5つの理由

病院にもいった、近くの整骨院にも何件もいった。でも改善しなかったっていう症状の方が当院には多数来院されております。
「もう一生付き合っていく症状だから」と諦める前に当院に相談しにきてください。

なんのために私たちが整骨院をやっているのか?
それは紛れもなく「痛みや不調に苦しむ方を救ってあげたい」と本気で思っているからです。

情熱のあまり時々暑苦しいと思われるかもしれませんが、「あなたが諦めない限り、私たちも全力でサポートさせていただくことをお約束します。

整体ってきくと、ボキボキバキバキされて痛いんじゃないのか?って不安に思われる方も多いと思います。

当院の整体は非常にやさしい整体です。こんなんでいいの?っておもうかもしれませんが、「ソフトな刺激でもしっかり変化を実感できるんですよ。

人間だれしも自己治癒能力が備わっているんです。だから本当は整体に通わなくても寝て起きたら「自分で自分の身体を好調な状態に回復させてくれるはずなんです。

でも、今あなたはその自己治癒能力が低下している状態だから、寝て起きてもやっぱり痛いし疲労が抜けてないんです。
当院ではその状態になるための身体作りしていきませんか?

一度は改善して卒業した方もまた別の不調が出てきた時には必ずご連絡をいただけます。
あなたの身体に不調がでたとき、病院に行っても薬をもらったり、痛み止めの注射をうってもらうだけで解決しない。

そんなときに「なんとかしてくれる」っていう場所はありますか?
「アオラニさんならなんとかしてくれる」それが当院の目指す場所です。

料金・割引

安心の全額返金保証

アオラニtel095-624-8073

LINE予約こちら

全国の整体院・整骨院が思わず進める整骨院です

みどり整体院 服部先生

短時間で結果を出す驚くべき施術で私の腰痛も改善して頂きました

こうけん整体院&整骨院 西田佳司先生

めっちゃやさしいのにめっちゃ結果のでる施術です

なかなか改善しない肘部管症候群に悩む方へ

肘から小指側にかけての痛みや痺れに悩まれている方は、ぜひお声かけ下さい。
症状が進行すると麻痺を起こしたり手の甲側の筋肉がやせて取り返しのつかない事になります。
肘から小指にかけての違和感がある方は、お早めにご連絡ください。